不眠症を併発する病気(実は違う病のパターン)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不眠症の陰に違う病が潜んでいることも

 

〇5人に1人が悩んでいる“不眠症”


不眠症とは、寝つきが悪い、中途覚醒してしまう、眠りが浅いなどの症状が続く病気です。
日本では、実に約5人に1人が不眠症状に悩んでいるといわれています。
20~30代から中年、老年と年齢を重ねるにしたがって急増する傾向にあって、10代までに発症することはほとんどないとされています。
また、女性に多いという特徴もあります。


不眠症と一概にいっても、症状によりタイプが異なってきます。

・横になっても30分~1時間以上寝つけないような「入眠困難」
・眠りにつくことができても、夜中に何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」
・起きる予定の2時間以上前に目が覚めてしまい、そのまま眠れなくなる「早期覚醒」
・眠りが浅くて熟睡感が感じられない「熟睡障害」

これらがいくつか重なって起こることも、もちろんあります。


また、考えられる原因にも、さまざまなものがあります。
悩みやストレス、緊張といった心の状態が関連している場合や、アルコール、カフェイン、ニコチンの摂取、運動不足などといった、生活習慣が影響している場合もあるとされます。
また、体の痛みやかゆみ、頻尿といった症状が不眠を引き起こすこともあります。
このような原因により熟睡できないと、日中の眠気、注意力低下、疲労、体調不良などを誘発してしまい、毎日の生活に支障をきたしてしまいます。

 

〇睡眠不足から起こる過眠症


過眠症とは、睡眠が多いにも関わらずそれでも眠い状態であり、それによって生活に支障が出たり生体機能に障害をもたらしている睡眠障害をさします。
原因を改善して夜に熟睡できるようにすれば、解消できる症状ばかりです。

 

・不眠症

入眠困難や中途覚醒、早期覚醒、熟眠障害により、入眠や睡眠に支障が出る症状です。精神的・身体的原因のほかにも、生活習慣や環境による影響を受けることもあります。

 

・睡眠不足症候群

多忙な生活や夜ふかしによる慢性的な睡眠不足であっても、その自覚がない場合です。
睡眠不足による体調不良などを別の病気と思いがちですので注意が必要です。

 

・閉塞性睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に呼吸が一時的に止まったり弱まることで、睡眠が妨げられるてしまう症状です。
夜中に急に起き上がるような目の覚まし方をしたり、その際、外の空気が吸いたくなるような衝動に駆られた場合は注意が必要かもしれません。
この症状は、体質的な問題で気道が確保できないことが主な原因となります。

 

・周期性四肢運動障害

睡眠中に無意識に手足が動いてしまうため、何度も目が覚めてしまう症状です。

 

このように、過眠症のなかには不眠症や睡眠不足に起因するものもあります。
日中の眠気に悩んでいる方は、どの病気や症状に当てはまるのかを専門医にきちんと診断してもらうことが必要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*